スポンサーリンク

お風呂のカビ

ブログランキング

また、お風呂場に入るといや~なニオイがするようになりました。

このニオイがするようになると、カビキラーを使ってお風呂場の大掃除をするのですが…。

しかし、すぐにカビが発生し、

・床はヌルヌル
・いや~なニオイ
・イスはザラザラ
・角や隙間にカビがチラホラ

そんな感じです。

ちょうどそんな時、新聞に「浴室のカビ対策」というのがあったので、調べてみました。

まずは、何故カビが繁殖するのか

カビの繁殖

まず、カビは常に大気中を浮遊しています。
そして、ある繁殖条件を満たすとどんどん繁殖していくのだそうです。

そのカビの繁殖条件とは

1.水分

2.温度

3.栄養分

の3つです。

これらがすべてそろっているのが浴室。

【水分】
これはいうまでもありません。

【温度】
20~30度くらいを好む。
ちょうど今くらいですね。

【栄養分】
石鹸カスや皮脂汚れ

まさにお風呂場はカビにとってのパラダイス!!

繁殖を防ぐには

繁殖条件3つのうちどれかを断てばよいとのこと。

まずは、【水分】

・お風呂場の窓を開ける
・浴室乾燥機で除湿
・換気扇で除湿

以上の方法があります。

ちなみに、我が家には窓も浴室乾燥機もありません。
常に換気扇を回していますが、除湿しきれていません。
よってこの方法は諦めます。

次に【温度】

風呂上りに冷水をかけて温度を下げる。

これなら我が家でもできます。

最後に【栄養分】

石鹸カスなどをきれいに洗い流す

これが意外と難しいんですね。
風呂上りにシャワーで全部流してきれいにしたはずなのに、意外と洗い残しがあります。
でも、やるしかないんですね。

あとは、カビを定期的に死滅させること。
その方法は、入浴後、壁や床などに50度程度の湯をシャワーで5秒間かけるだけでも一定の効果がある。
そう書いてありますが、我が家の湯の温度は42度以上あがりませぬ。
う~ん。

でまとめると、

風呂上りに、
1.できるだけ熱いお湯をシャワーで全体にかけて汚れをとり
2.冷たい水をかけて冷やし
3.窓を開ける等して換気をよくする

こんな感じですね。

とりあえず、お風呂の大掃除を頑張ります。

ブログランキング
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク